« 再生断念 | トップページ | 手描き »

2010.07.08

「天保九年の家」~古民家再生~はじまる

P1000012_4   現在、先日ブログでも報告し、現地調査を行った「天保九年の家」の古民家再生の設計を行っています。

それに伴って描いたアイディアスケッチの写真です。

天保九年に建てられた蔵や家屋を再生する計画で、ご主人が退職を機に陶芸を本格化される為の工房や、茶室、庭や土間、テラス等を設計しています。

こういうアイディアスケッチはよく描きますが、わずか10分ほどでサラサラっと描き上げます。周りでみている人はアッという間に簡単に描いているように見えるらしいのですが、実際それは描くだけで、その前には、食事をしている時も、車で移動している時も、極端にいえばだれかと会っている時もたえず考えています。それでだいたいまとまったあたりで一気に描くので10分もあれば描けるわけです。

来週から施工予定で設計期間はとてもタイトで、今は夏休みの宿題に追われている子供のような状態です。他の現場も数件動いておりまた首が回らない状態になりつつあります(笑)。

|

« 再生断念 | トップページ | 手描き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「天保九年の家」~古民家再生~はじまる:

« 再生断念 | トップページ | 手描き »