« トップライト | トップページ | お年寄りの話し~その2~ »

2012.04.18

お年寄りと話すのは本当に楽しい。

先日、今度古民家再生をさせていただく予定のご主人と長話しをした。よわい85才である。私は高齢者とのお話が本当に好きだ。

大学生の時に高齢者の住宅が専門だったから、その当時、農村や都市部で高齢者の調査を多数行った。ヒアリングした数は数千といったところか。大学のゼミと大学院の二年、都合3年間行った。

これは学術調査だったが、まるで私の嗜好に当てはまっていて、多くの学生は苦痛だったようだが、私は毎日が楽しくて仕方なかった。お年寄り宅を訪問し、住宅の調査を行い住まい方についてのアンケート調査をするのだが、私の場合、話は脱線に脱線を重ね、何時間もお話をお伺いし、挙句には友達になってしまい、後日調査とは関係なく、お茶を飲みにお伺いする始末である。

貧乏学生だったのでご飯をごちそうになったり、そのお礼に家のかたづけの手伝いをさせてもらったりと、ずい分と仲良くなったりした。

好きこそものの上手なれというのでしょうか。好きなものだから他の学生よりも飛躍的に調査サンプルが集まって、なんでそんなにたくさん調査できるのか?と聞かれたものだが、秘訣などあるわけもなくいやいややっているのではなく、今日はどんなお年寄りとの出会いがあるかとわくわくで出かけるものだから、それは相手にも伝わるのでしょう。通常はプライベートなことも聞く調査なので調査拒否が続出するものですが、私の場合はほとんど拒否はなかった。

独立起業してからもその特性は大いに有利に働いて、楽しく仕事をさせてもらっている。

|

« トップライト | トップページ | お年寄りの話し~その2~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お年寄りと話すのは本当に楽しい。:

« トップライト | トップページ | お年寄りの話し~その2~ »