« 朝のミーティングを念入りに | トップページ | 古いものを生かす~その2~ »

2012.12.05

古物を捨てないでできるだけ生かす

P1000001P1000002P1000003写真は、当社で古民家再生をしている完成間近の古民家のトイレの扉だ。

綺麗に磨き、調整をし、寸法が狂っているのを下駄を履かせてレールをやりかえ使う。

もちろん建築の方の枠も調整する。捨ててしまって新しくすれば、その方が簡単に決まっている。でも、いつも私はそうしない。できるだけ。

もう100年以上も使ってきた建具だ。

昔の人の遊び心がいいですねえ~。明かり取りの細工。こんなものはなかなか今ではできませんよ。勿論、全て(当たり前ですが)手彫りです。センスがありますねえ。色も良い色になっています。

写真3枚目。トイレの天井。天井も天井板はボロボロで、虫食いもありどうしようもありませんでしたが、竿は残してます。竿は残して天井板だけ交換しました。

こんなところに杉柄がプリントされた紙のような偽物の木を持ってきて合うと思います?

「有り得ません」。

歴史ある木には、厳選された木をもってこないことには、負けてしまうんです。漆喰や国産の檜は負けすに頑張ってくれます。

本物には本物で勝負です。古い木は、磨くと本当に輝きだします。塗装なんぞ絶対にしてはいけませんぞ。

本当に古民家っていいですねえ。



|

« 朝のミーティングを念入りに | トップページ | 古いものを生かす~その2~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古物を捨てないでできるだけ生かす:

« 朝のミーティングを念入りに | トップページ | 古いものを生かす~その2~ »