« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 新しいタイコ梁が入りました。 »

2014.01.08

新たな「古民家再生」に着手しました。

P1000273新年、早々に新たな古民家再生に着手させて頂きました。

先日から、解体を始めましたが、予想以上の良い空間になりそうです。

新築の場合は、最初にしっかりと図面を描いておけば、現場でそう予想外のことは起こりませんが、古民家再生の場合はそうはいきません。

長年に渡り、多数の古民家再生を手掛けて参りましたが、それはいつも同じです。今回のように予想よりも良い空間が出現した時は、気持ちもワクワクし、心も踊ります。

夜な夜な考えてきた空間のイメージは一気に具現化し、イマジネーションが拡がります。モヤモヤとしていた空間が瞬時に頭の中で確かなイメージとして出来上がります。

これは日々、よくよくイマジネーションを働かせ、頭の中の空間に身を置いているからこそ、解体ではっきりと空間が出現すると、一気に頭の中でイメージが完結するわけです。

その時、私の中にほとんど迷いはありません。あっという間に設計は固まります。

数か月にわたり、モヤモヤの中、考え尽くしていたイメージが一気に固まり、ついつい笑みがこぼれ、否が応でもテンションは上がります。

本日のお施主様打ち合わせは、ついつい私が饒舌になりすぎて、しゃべりすぎ、昼食時間を大幅に超過し、時間オーバーのお打ち合わせとなってしまいました。

もう、確実に良い空間になります。めどはつき、私の頭の中では自動的に3D立体映像にて、空間は出来上がりました。

あとは、忠実に再現していくのみです。

またまた、新たな素晴らしき空間が出来上がると思います。私自身も早く完成した実物を見てみたい。数か月後が楽しみです。

この、大きく、そして立派なお屋敷を手掛けさせていただけることを喜びとし、感謝の中で、私の持てる力の全てを注ぎ、ご先祖様の思いに負けない「仕事」をしていきたいと思います。


|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 新しいタイコ梁が入りました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな「古民家再生」に着手しました。:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 新しいタイコ梁が入りました。 »