« ニシナ百貨店さん、オープンに感動 | トップページ | 大相撲総社場所を見に行きました。 »

2018.10.19

ボランティアさんに頭が下がる思い。

先日来ていただいたボランティアさん。

汚水、汚泥を流して、たまりにたまった溝を掃除して下さった。二十歳の娘様とお母様、80代の高齢のおじいちゃん、他5名の方。

しかも皆さんほとんどが関東方面から来て下さっていた。一人の方は東北で津波に合い被災され、その時の恩返しにと、岡山まで来て下さっていた。

お話を聞くと本当に頭の下がる思い、感謝しかない。

そして、私がばたばたしてお手伝いができていないことを詫びると、

「災害にあっているご本人はそれどころではない、やることがいっぱいあるのはわかっています。どうぞ気にされないで下さい」と。

そして、黙々と作業をして下さる。やはり被災された方は、ご自分も経験されているがゆえにわかって下さっているのだと、そう思うとまた熱いものがこみ上げてくる。どうも最近は涙腺が弱くなっていて仕方がない。

ボランティアは無償なのである。給料は出ない。交通費も持ち出し。それでこうやって作業して下さる。果たして逆の立場になったとき、自分にできるか?否、できるできないではない、それは必ずお返しさせていただかなくてはならないことだと、改めて強く、思う。

結局、民間なのだ。民間の助け合い。人の思い。これだけに助けられる。民間こそが力なのだ、とさらに強い思いを持つ。

我々の血税から給料をもらって働いている糞役人や糞政治家。

彼らにもっと誠意があれば、このような悲惨な事態は防げたろうし、今現在もあのような怠慢で愚劣な態度のお役所仕事、しゃくし定規なお役所対応にはならまい。

もちろん鼻から奴らには何の期待もしていないが・・・。

|

« ニシナ百貨店さん、オープンに感動 | トップページ | 大相撲総社場所を見に行きました。 »