« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018.11.17

真備町民は自己責任という意見に反論する。

最近、巷でちょこちょこ聞く、自己責任論。

真備に関しても、水害の起こる可能性があるのをわかっていて、安い土地を買った愚か者の自己責任だという意見。

このことに関して、私の考えを述べさせていただく。

本来、国家の大きな役割は、国民の生命と財産を守ることにある。その大義名分の下に、強権をもって国家は国民から税金を徴収するのである。

逆に言えば、国家は強権を持って、国民から税金を徴収する限り、国家は国民の生命と財産を守る責任があるのである。もし、それをしないなら、国家など必要がないし、税金を納める理由がない。

勿論、人類の歴史をさかのぼると、国家が国民をただ搾取し、逆に国民の生命、財産を奪うような時代もあったし、現代でもところ変わればそういう国家も存在する。

しかし、日本は、第二次世界大戦において、膨大な国民の命と財産を失い、それと引き換えに、民主主義という制度を採り入れ、現在に至っているのである。

このブログで私が書いているように、言いたいことを自由に言える権利、基本的人権が保証される権利、民主的な裁判を受ける権利、等々、今では当たり前と思っているものも、先人の多くの犠牲の中で勝ち得たものである。

その日本という現代国家の中で、被害にあったのは、ファサードマップに、水害が起きたら水没する、と書いてあるのに、そこの土地を買った本人の自己責任であり、そこに税金を投入するのはおかしい、とする理論はあまりにも乱暴するぎると思う。

その中でも、国家は最善を尽くし、天災から国民を守るために、本当に危険な場所を調査し、対策を打つのが役割ではないか。

ファザードマップ云々を言うなら、倉敷市のほとんどの地域、倉敷駅周辺も含めて、水没地域に指定されているのだ。としたら、倉敷に住んでいる人間は、皆、どんな水害にあおうが、自己責任というのか。

それならば、東京は、関東大震災以来、またとんでもない大きな地震がくると言われていて、それを知っていて住んでいる東京都民は、全て自己責任というのか。

いろいろな自然災害はあるが、水害については、それが起こらないように治水し、堤防を補強し、国民の命と財産を守るために、国家は適切に税金を投入しなくてはならないそこに住むのを自己責任と称して、いいかげんな対策しかしないなら国家などなくてもいいではないか。

その優先順位を決めるのは、政治家と官僚だ。真備に関してはその優先順位を間違ったのではないか?と私は言いたいのだ。

この地域、そして小田川の危険性は十分に行政は把握していたはずだ。なのに、なぜ下らない箱モノや不要なダムに莫大な税金を費やして、命を守る土手の補強や整備を全く放置したのか?

取り合えず、「マービーふれあいセンター」や「いきいきプラザ」は、失われた52人の命や、全壊した4500棟の住宅より優先してでも必要な施設だったのかを、当時の担当政治家や役人は説明すべきである

言論は自由ではあるが、一部の人に見られる、被災者の心を引き裂くような、非情な自己責任論を展開するのはやめて欲しいとせつに思う。

|

2018.11.14

倉敷駅前、みらい公園の美しいイルミネーション

53
倉敷駅北口前のみらい公園。

アンデルセン広場もライトアップされている。

アリオの光と共に、とても幻想的で美しいイルミネーションが展開されている。

このイルミネーションは、「くらしき きらめきのみち」という題名。

仕事を終えた後、たまにこの周辺を散歩する。

いろいろと、復旧・復興で大変なことはあっても、この美しいイルミネーションを見て、散歩をしていると、とても癒される

アリオに隣接するみらい公園。

私は大の映画好きですが、イオンにあってアリオにない物・・・そう映画館です。アリオに映画館があれば言うことないのに・・・と思うのですが・・・(笑)。

私が小さい時には、倉敷駅の南側には映画館があって、休みには親に、「ゴジラ対ガメラ」や「ジョーズ」、「赤穂城断絶」、「寅さん」等々を観に連れて行ってもらったものだ。

今はシネコンの時代なので、倉敷イオンのシネコン以外に、倉敷駅近くにもう一軒映画館ができるというのは、夢のまた夢でしょうか・・・・。

54

55

|

2018.11.12

アストンマーチンDB11V12試乗

57アストンマーチン。

イメージは、イギリス紳士が乗る乗り物。

この度、中四国唯一のフェラーリ、アストンマーチン正規ディーラーのMオート様が、弊社本社まで試乗車を持ってきて下さいました。

この度はDB11のV12、12気筒を試乗させて頂きました。アストンの試乗は二回目です。

試乗マニア?(笑)と化している感のある私ですが、災害以来、全く試乗をしていなかったので、自分の車以外の車を運転するのも久しぶりです。

アストン特有のキーをインパネの一部に挿入、セッティングしてからのエンジンスタートは、新型ではなくなったようでとても残念ですが、キーレスになっていく関係で仕方ないのでしょう。

エンジンスタート。フェラーリよりずいぶんと紳士(笑)。そして走り出してもスムーズで、いい車に乗っているなあ・・と実感できる。遠くでV12の心地よいエンジン音が鳴る。V8とはまた全然違うフィールです。フェラーリのV12は猛獣ですが、こちらはさすがにイギリス車、そのエンジンは素晴らしく上質な音で、室内に心地よく響く。

また感心したのは、オートの時のフィール。フェラーリの場合オートにしていると勝手にどんどんシフトアップして、ほとんどエンジン音を感じない領域にすぐになります。このアストンの場合は、オートでも速度に合わせていい具合にシフトアップ、ダウンをして、そのたびにいい音が聞こえてきます。そこらへんは、アルファロメオなんかと似ています。走っていて楽しい車です。

ただ、フェラーリのような派手さと、官能的なまでのエンジン音はなく、私にはまだ大人しすぎ、かつ上品すぎるなと思いました。

もう少し年をとって、上品にそしてクールにスポーツカーに乗りたいと思ってきたら、このアストンマーチンという車は素晴らしいのではないかと思います。

また安定性は抜群で、それはメルセデスベンツに勝るとも劣らないものです。たださすがに安全機能はほとんどついていない。

外観デザインは言うことなしでかっこいいです。一目で普通の車とは違うのがわかります。ジェームスボンドのような紳士であり、そして強く、クレバーな男に似合う車です。

58

インパネの木目はメルセデスベンツのような貼物の安物ではなく、実際に木を削り出した手作りのものです。見た目は同じかもしれませんが、質感は全く違います。

シートの包まれ感が凄いです。

59

後ろ姿は、最近のポルシェにも似ているなあと思いました。横に広がったグラマラスなシルエット。私はポルシェのスタイリングは今まで生きて来て、ただの一度たりとも美しいと思ったことはありませんが、このアストンはとてもカッコよく見えました。何が違うのでしょうか。

ただ、私はやはり子供の頃からのフェラーリ派で、私にとってのスポーツカー、スーパーカーは、フェラーリが唯一無二の孤高の存在です。

|

2018.11.09

独立・起業20周年~瞬きの中20年~

早いもので、本日で独立・起業して、20年になる。

毎年この11月9日が来るたびに、ブログを書くが、一年たつのは本当に早いものだし、そのスピードは年々早くなってきている気がする。

独立したときは若干30歳であったが、瞬きの中、20年があっという間に過ぎ去り、50歳を過ぎた。

私は信長が好きで、「人間50年」と思って生き急いできたので、もう全てのやるべきこと、やらなければいけないことをやり終えたつもりでいた。

独立してはじめた古民家再生の事業は軌道に乗り、自分の建築作品も作ったし、本社ビルも建てた、自邸も設計し、好きな車にも乗ってきた・・・

今年は独立20年なので、なにか記念行事、事業でも行おうか・・・

と思っていた矢先に、この度の水害である。放っておくわけにはいかないので、当然復旧作業をすることになる。

人生は何があるかわからない。

最近思うことは、私の人生は、子供の頃から思っていた50歳で一度終わったのであろう、と。

そして、この水害は、ここからの第二ステージでの己のなすべきことを、なんらか示唆しているものであろう、と思うようになった。

30歳で独立したときはただの設計事務所としてはじめたが、最初の10年で、自分のやりたいことができる組織やネットワークを必死で作り、その後の10年で、自分のセンスで建物を本格的に作ってきた。

50歳で終わる予定の人生が、まだあるようだが、もう思い残すことはなく、セミリタイアしてもいいかなと思っていたら、この水害である。いやおうなしに復旧の仕事をさせられる。

その尊い仕事の中で、再び己が成すべきことが見えてきた。水害はその良いきっかけになった。水害という究極の状況がなければ、自分が本当にどうしたいのか、曖昧なままだったかもしれない。

これからの10年。その後の10年で自分の成そうとしていることを見据えた基盤づくりをしていこうと思っている。

こつこつと地道な努力を重ねていくことが私の信条である。

・・・・はて?結局お前はいつまで仕事をする気なのか?(笑)

結論的には、私は仕事が好きなのだと思う。

私は、定年がない仕事をしていてよかったと思うのである。

※ちなみに・・・

とりあえず、水害というイレギュラーなことがあり、今は復旧、復興の日々なので、記念事業は一年延ばしになりますが、必ず行う予定です!!

|

2018.11.08

遥照山の頂上にあるレストラン、絶景かな、、

52
遥照山の頂上にある「ザ・ビュー瀬戸内」に行ってみた。

使われていなかった古いホテルをリニューアルし、今年七月七日にオープンしたとのこと。

ホテル併設のレストラン。

七月七日と言えば、まさにまさに、この度の豪雨災害のあった日。

大変な時にオープンされたのだなと、一番に思いました。

建物はいかんせんリフォームをしたとはいえ、古臭さは隠しきれない。ただ、中のレストランは、とてもこじんまりとしていて、好感が持てました。天井が低いので、どこかの家庭で食べているような感覚。そして、景色は絶景。ただこれが新築だったら、もっともっとこの絶景を生かした空間造りとしていただろうなと思いました。

料理の方は、一度食べてみる価値ありです。美食家の私が、太鼓判です。私は料理の中で、フレンチが一番好きで、超一流と言われるお店でも多く食してきましたが、ここの料理は、本格的で、地場の素材を厳選し、薄めの味付けで、とても体にも良い気がしました。価格もリーズナブルです。

もう一度来たい、と思いましたが、ちょっとドライブして食べに行く、という感じの距離ではないです。この山の上まで上がるのに狭い道もあり、運転が苦手な方はちょっと気合がいるかもしれません。

51

|

2018.11.07

豪雨災害から4か月がたちました。治安が悪化する真備町。

今日で豪雨災害から丸四か月が経ちました。

感覚的には、

「まだ四か月か・・・」

という感じです。

もう一年くらいは経った感覚です。

逆に言うと真備にいた頃の生活がもう想像ができないくらいです。

災害後、家具や泥出し、内装の解体、洗浄をやっている間、町内はさながら戦場のようになっていましたが、その後は放置されている家が多く、ゴーストタウンのようでした。

夜などまさに人っ子一人いない状態でした。私は会社が真備にあるので、仕方なく毎日真備に通っていましたが、夜残って仕事をしていると、薄ら気持ち悪い感じになっていました。

しかし、現在、解体やリフォームが本格化し、本当に騒々しくなってきました。ありとあらゆる業者が入り、これだけあちこちで工事が行われている地域も他にはないなという感じです。

私も長く建築をやっていますが、こんな狭い地域に工事中だらけという光景は、なかなか見ることがありません。まさに、阪神淡路以来です。

ただ、問題は、業者不足なのか、全国から、県外人がやってきて、本当に至らない、挨拶もできない、乱暴でどうしようもないような、いわゆる、‘輩(やから)’がうようよしている感があります。

急速に町内の治安が悪化しているのは間違いない。

地元の人間ではないので、狭い路地も猛スピードでダンプを走らせ、砂埃を巻き上げる。離合する場所もわからないので、突き進み、そこらじゅうで、お前下がれ、だの、行け、だの、言い争いやにらみ合いをおこしている。

住民より業者の人口の方が多いという異常な町。

今の真備町は決して女、子供を安心して住まわせられるような所ではありません。

阪神淡路の後もそうでした。西宮から若い女性、子供は消えましたから。

真備町からは避難しておくべきです。それでも住みたい人はしっかりと戸締りをして、交通事故や落ちてくるがれきには細心の注意を払い、自己責任で、ということになりましょうか。

元の街に戻るまで、まだまだ果てしない道のりです。

これだけのことをしでかした者、これだけの負担を町民にかけた者、多くの町民や子供の人生を狂わせた者・・・・・・

そう、土手を放置し、土手の工事を意志を持って、先延ばしにし、血税を不要な箱モノや無駄遣いに供した、糞役人や糞政治家たち。

なぜ4500棟もの家が壊滅し、52人の町民が死ななければならなかったのか。

今後は、裁判となり、責任を追及され、断罪されなければなるまい。

‘なあなあ’では決して済まされはしない。

|

« 2018年10月 | トップページ