« 7月豪雨に思う、地獄の惨劇の中、なぜ国家は泥の運び出しを手伝わないのか? | トップページ

2020.07.18

7月豪雨。子供に泥出しをさせてはいけない。

真備であれだけ言われたのに、全くその情報が伝わっていないかもしれないので、

ささやかながら、ブログで発信させていただきます。

 

まず、水害の泥水は、ただの泥水ではないです。

ありとあらゆる汚いものを飲み込んだ、まさに汚水そのものです。

これには気を付けないといけないです。

 

ついつい作業に夢中になって、手袋もマスクもおろそかになります。

これからの季節、暑くて、泥が乾いてきます。汚泥は粉塵となります。

これが目やのどに入るとたまりません。

変な菌がいると思います。

結膜炎や気管支炎になる人が続発しました。

私のような屈強な男でも、作業を連日やると、目や喉が痛くて仕方なくなりました。

目を洗わないと痛くて仕方ない。朝を起きると目やにと充血。

子供は皮膚に泥がついて、かぶれたり、湿疹が出たりする子がいっぱいいました。

水害の泥には、どんなに汚く危険な菌がいるかわからないのです。

 

家族の危機に、子供も手伝う、という美談はわかりますが、親なら子供には作業させたくないです。

ボランティアも県内だけだと、本当に足りないと思います。

それでも、体調が悪い人や子供にはさせない方がいい。

子供を守ってあげて欲しいです。

 

私が被災した時も、ボランティアで、高校生の若い女性が何人も来て下さいましたが、

申し訳なさすぎて、泥の運び出しなどはして頂けませんでした。

これからという若い人たちに何かあると、本当に忍びないと思ったことを思い出します。

 

泥出しの後は消毒作業になりますが、良かったら、詳しい内容は、ブログの中の、西日本豪雨災害のカテゴリーを見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 7月豪雨に思う、地獄の惨劇の中、なぜ国家は泥の運び出しを手伝わないのか? | トップページ