« 倉敷春宵あかり | トップページ

2022年5月 8日 (日曜日)

博多地下街のステンドグラス

Ab1503a7c06147708026b219dfa3f67b

0526ef9b99d643038b3b5c2edc00b50c

私はステンドグラスが大好きである。

写真は先日出張した博多の地下街である。

自然の光が差し込むわけではないが、このようなステンドグラスが壁に何十枚も組み込まれている。

思わず写真を。

ヨーロッパを旅した時、シャルトルやストラスブールの大聖堂のステンドグラスを見て以来、その美しさに魅了された。

それまでは、何か古臭いような、あまり興味はなかった。

もちろんパリ近郊で、コルビジェのロンシャンのステンドグラスにも感動したわけだが、、、、

なんせ古くても新しくても、美しい。

それからというもの古民家を再生する時には、チャンスがあれば取り入れている。

そのノスタルジックな感じがとても古民家に合うのだ。西洋と東洋の融合とでも言おうか。

新しいものと古いものを上手く融合する事が古民家を扱う時の面白さなのだが、西洋的なものと東洋的なものの融合もまた面白い。

モダンとレトロの融合もまた然り。

ステンドグラスは本物は高価である。もちろんこだわって本物を入れたいが、建築は予算の塊だ(笑)。当たり前だが、予算を合わせることができなければ建築は成り立たない。

よって、模造でもよしとする。

予算が出ない時は、自腹で入れさせてもらう事もある。

本当にない時は、色ガラスで代用することもある。

光が差した時の美しさは何度見てもいい。

私の好みを許して下さるお施主様にいつも感謝している。

|

« 倉敷春宵あかり | トップページ